施設園芸等の燃油価格高騰対策

施設園芸の産地において、省エネルギー推進に関する計画を策定し、燃油使用量の15%以上(2期目以降に取組む場合は計30%以上)の削減等に取り組む産地に対して支援を行います。
施設園芸等燃油価格高騰対策については、平成24年度農林水産省補正予算で事業化され、令和4事業年度まで延長されます。

令和3事業年度施設園芸等燃油価格高騰対策公募について(お知らせ)

支援内容

施設園芸の産地において、省エネルギー推進に関する計画を策定し、燃油使用量の15%以上(2期目以降に取組む場合は計30%以上)の削減等に取り組む産地に対して、以下の支援を行います。

燃油価格高騰時に補填金を交付するセーフティネットの構築支援

A重油価格の高騰に備えて施設園芸農家と国が資金を造成します。
積立割合は1:1

A重油価格が一定の基準を超えて上昇した場合に施設園芸農家に対し、補てん金が支払われます。

  • 発動基準価格(83.1 円/リットル) = 基準価格(83.1 円/リットル) × 発動基準率100%
  • 各月A重油全国平均価格が発動基準価格(83.1 円/リットル)を超えた場合に、補填金が交付されます。
施設園芸等の燃油価格高騰対策

支援対象者

支援の対象者は、野菜、果樹または花きの施設園芸農家3戸以上または農業従事者の常時従業者が5名以上で構成する農業者団体等です。燃油使用量15%以上(2期目以降に取組む場合は計30%以上)削減等の目標を設定し、その達成に向けた省エネルギー等対策推進計画を作成し、取り組みを進めることが必要です。

対象油種

支援の対象となる油種は、施設園芸用のA重油及び灯油です。

 

茨城県窓口及び申請の流れ

茨城県の窓口(県協議会)

茨城県では茨城県農業再生協議会が県協議会となり全国団体(一般社団法人日本施設園芸協会)へ、一括して申請を行います。
(茨城県農業再生協議会施設園芸等燃油価格高騰対策事務局は、茨城県農林水産部産地振興課施設野菜・果樹花きグルー プ)

申請の流れ

支援対象者(申請団体)は、(市町村経由)→県農林事務所(農業振興課)
→茨城県農業再生協議会(県産地振興課扱い)の流れで申請します。

事業実施計画書・省エネルギー等対策推進計画等は正副2部提出してください。
(別紙様式第1号、別紙様式第2号、別紙様式第5号、別紙様式第7号のすべてが必要です。)

申請の期限

令和3事業年度施設園芸等燃油価格高騰対策の計画申請期限
茨城県農業再生協議会(産地振興課) 令和3年5月31日(月)しめきり

関連書類ダウンロード

業務方法書

様式

業務方法書細則

様式

日本施設園芸協会ホームページもご確認ください

施設園芸の燃油価格高騰対策に関するものは、一般社団法人日本施設園芸協会のホームページからもダウンロードできます。

施設園芸の燃油価格高騰対策 (日本施設園芸協会)