茨城県農業再生協議会
県協議会 地域協議会 助成制度の紹介 資料・パンフレット 問い合わせ リンク集
 ホーム > 助成制度の紹介 > 攻めの農業実践緊急対策事業の募集開始について
茨城県農業再生協議会 助成制度の紹介


攻めの農業実践緊急対策事業の第7回募集の開始について
1 概  要
 水田フル活用に資する低コスト生産のための高能率機械の導入や,高収益作物等への転換に取り組むを農業者等に助成を行います。

2 助成対象者
 農業者,農事組合法人,農事組合法人以外の農業生産法人,特定農業団体,その他農業者の組織する団体,農業協同組合,農業サービス事業体,公社等

3 募集事業と助成要件
 (1)効率的機械利用を構築する取り組み

 米,麦,大豆,そば,飼料作物,なたね,野菜,工芸作物における機械作業を集約し,効率的な利用体系を構築するための取組を支援します。

支援内容 支援内容対象経費と助成率等
○農業用機械のリース導入
 中心となる農業者へ機械作業を集約するのに必要となる機械のリース導入に要する経費の助成
○助成率:リース物体本体価格の1/2以内
・取得価格が50万円以上/台の機械に限る
・中古機械は対象外
○農業用機械の再利用
 農地や農作業の出し手が所有していた機械を,中心となる農業者が再利用するための補改修に要する経費の助成
○助成率:補改修に要する経費の1/2以内。
・上限は購入時の本体価格の1/2以内
・取得価格が50万円以上/台の機械に限る。
○農業用機械の廃棄
 農地や農作業の出し手が所有する機械の廃棄に要する経費
○助成率:定額1台あたり2万円以内
・取得価格が50万円以上/台の機械に限る。

<主な要件>
○5人以上の農業者グループが「生産効率化プラン」を作成し,茨城県農業再生議会の認定を受けること。
○農業者グループのなかで,中心となる農業者を決めること。
○効率化を図る作業については,中心となる農業者が全て実施する計画となること。
○効率化を図る品目の生産コストが,地域の平均と比較して10%以上低減する目標を設定すること。

<申し込みが多数あった場合の優先順位>
 @米の生産数量目標を守った販売農家又は集落営農
 A担い手が認定農業者
 B人・農地プランに位置付けられた中心経営体
 C農地中間管理機構を活用して農地を取得した農業者
 D目標年度における生産コスト削減率
 E目標年度における機械作業の集約面積


 (2)高収益品目等への転換する取り組み

 野菜,果樹,花き,常陸大黒,茶,薬用作物,工芸作物において,地域の実状に応じた創意工夫による新たな品目の導入や新たな栽培方法への転換等の取組を支援します。

支援内容 支援内容対象経費と助成率等
○農業用機械のリース導入
 高収益品目等への生産体系の実現に必要な機械のリース導入に要する経費の助成
○助成率:リース物体本体価格の1/2以内
・取得価格が50万円以上/台の機械に限る
・中古機械は対象外
○資材の購入
 高収益品目等の導入に必要な簡易な施設等の資材購入に要する経費の助成
○定額
・農家が自ら自己施工できる施設に要する資材が対象
・肥料や農薬など毎年必要となる資材は除く
○補助暗きょ等の施工
 高収益品目等を導入する際に必要な簡易な栽培環境の整備(弾丸暗きょ,明きょ等)に要する作業労賃の助成
○1時間あたり1,500円以内
・目標年度の作付面積は1ha以上とし,次年度以降も継続して作付すること

<主な要件>
○条件不利地域の場合
 1  5人以上の農業者グループ又は1ha以上の取組であること
 2  地域の農業就業人口を維持すること
 3  「高収益プラン」を作成し,茨城県農業再生協議会の認定を受けること。
○条件不利地域以外の場合
 1 「生産効率化プラン」に参加した農業者のうち,農地や農作業の出し手側の農業者60%
   以上がまとまり「高収益プラン」を作成し,茨城県農業再生協議会の認定を受けること。
 2 地域の農業就業人口を維持すること

<申し込みが多数あった場合の優先順位>
 @目標年度における生産コスト削減率
 A目標年度における機械作業の集約面積

 
 (3)集出荷・加工処理体制の合理化のための取り組み

 米,麦,大豆,そば,飼料作物,野菜,工芸作物,なたねにおいて,集出荷施設や加工処理施設の機能向上・有効活用を図るため,既存の複数施設の再編合理化により,集出荷・加工処理コストの低減の取組を支援します。

支援内容 対象経費と助成率等
○機能集約のために必要な機械のリース導入
 機能集約を行う集出荷・加工処理施設の機能強化のために必要な機械のリース導入に要する経費の助成 
○助成率:リース物体本体価格の1/2以内
・取得価格が50万円以上/台の機械に限る
・中古機械は対象外
・購入選択権リースは除く
○用途変更のために必要な機械のリース導入
 集出荷・加工処理施設の機能集約に伴う既存施設の再利用のために必要な機械のリース導入に要する経費の助成
○助成率:リース物体本体価格の1/2以内
・取得価格が50万円以上/台の機械に限る
・中古機械は対象外
・購入選択権リースは除く
○既存機械の廃棄
 集出荷・加工処理施設の機能集約に伴う既存施設の廃棄に要する経費の助成
○廃棄費の1/3以内
・購入時の本体価格の1/2を助成上限額とする。
・取得価格が50万円以上/台の機械に限る。

<主な要件>
○5戸以上の受益農家となること
○「再編合理化プラン」を作成し,茨城県農業再生協議会の認定を受けること
○再編整備による効率化により,機能を集約する施設の集出荷・加工処理に係るコストが
 現状より10%以上削減する目標を認定すること
○機能を集約する施設の稼働率・利用率が80%を超える計画とすること

<申し込みが多数あった場合の優先順位>
 @目標年度における生産コスト削減率
 A目標年度における施設の稼働率・利用率

 事業PRチラシ(平成27年12月)(PDF:257KB)
 
4 提出方法
 (1)事務手続きの流れ
@効率的機械利用を構築する取り組み及び高収益品目等への転換する取り組み
 各地域農業再生協議会へ書類を提出してください。なお,申請内容や書類の作成方法などについて,事前に各地域農業再生協議会へご相談のうえ提出していただきますようお願いします。
A集出荷・加工処理体制の合理化の取り組み
 茨城県農林事務所農業振興課へ書類を提出してください。なお,申請内容や書類の作成方法などについて,事前に各農林事務所へご相談のうえ提出していただきますようお願いします。

 @各組織の主な役割(PDF:59KB)
 Aプラン等書類申請の流れ(PDF:84KB)
 Bリース導入,農業機械の再利用・廃棄,資材購入等の進め方(PDF:96KB)

 (2)提出書類
 @効率的機械利用を構築する取り組み
生産効率化プラン,申請者の規約,営農計画書の写し,能力や台数などの算定根拠,見積依頼書の写し,概算見積書の写し,カタログの写し,生産数量を守ることの裏付けとなる資料など
 A高収益品目等への転換する取り組み
高収益プラン,申請者の規約,営農計画書の写し,能力や台数などの算定根拠,見積依頼書の写し,概算見積書の写し,カタログの写しなど
 B集出荷・加工処理体制の合理化の取り組み
再編合理化プラン,能力や台数などの算定根拠,見積依頼書の写し,概算見積書の写し,カタログの写しなど

 (3)地域協議会への提出期限

 平成27年12月21日(月) から 平成28年1月15日(金)午後5時必着

5 その他
 各プランの承認を受けてから事業に着手してください。承認前に着手された取組は,助成の対象となりませんのでご注意ください。


  <様式等>
1 効率的機械利用体系構築事業関係
 (1)計画申請時
   ○生産効率化プラン
    (実施要領・参考様式第3号)(Excel:63KB)
   ○取組参加者助成金申請書【リース方式】
    (実施要領・参考様式第3号別添1)(Excel:44KB)
   ○取組参加者助成金申請書【リース方式以外】
    (実施要領・参考様式第3号別添1)(Excel:44KB)
   ○取組計画書【リース方式】
    (実施要領・参考様式3号別添2)(Excel:43KB)
   ○生取組計画書【リース方式以外】
    (実施要領・参考様式3号別添2)(Excel:36KB)
   ○提出文書鑑
    (参考様式)(Excel:30KB)

 (2)助成金請求時
   ○取組報告書兼取組参加者助成金請求書【リース方式】
    (業務方法書・別紙様式第4号)(Excel:48KB)
   ○取組報告書兼取組参加者助成金請求書【リース方式以外】
    (業務方法書・別紙様式第4号)(Excel:49KB)
    

2 高収益品目等導入支援事業関係
 (1)計画申請時
   ○高収益プラン
    (実施要領・参考様式第4号)(Excel:59KB)
   ○取組参加者助成金申請書【リース方式】
    (実施要領・参考様式第4号別添1)(Excel:42KB)
   ○取組参加者助成金申請書【リース方式以外】
    (実施要領・参考様式第4号別添1)(Excel:44KB)
   ○取組計画書【リース方式】
    (実施要領・参考様式4号別添2)(Excel:43KB)
   ○取組計画書【リース方式以外】
    (実施要領・参考様式4号別添2)(Excel:36KB)
   ○提出文書鑑
    (参考様式)(Excel:28KB)

 (2)助成金請求時
   ○取組報告書兼取組参加者助成金請求書【リース方式】
    (業務方法書・別紙様式第4号)(Excel:48KB)
   ○取組報告書兼取組参加者助成金請求書【リース方式以外】
    (業務方法書・別紙様式第4号)(Excel:49KB)

3 集出荷・加工処理体制合理化事業関係
 (1)計画申請時
   ○集出荷・加工処理合理化プラン
    (実施要領・参考様式第2号)(Excel:118KB)
   ○提出文書鑑
    (参考様式)(Excel:27KB)

 (2)助成金請求時
   ○攻めの農業実践緊急対策事業に係る協議会等助成金の請求
    (業務方法書・別紙様式第5号ー2)(Word:29KB)

4 攻めの農業実践緊急対策事業に係る協議会等助成金の請求関係
    (業務方法書・別紙様式第5号ー1)(Word:30KB)

5 その他の参考様式
   ○チェックシート(計画申請時)(Excel:15KB)
   ○チェックシート(助成金請求時)(Excel:15KB)
   ○農業機械必要台数算出表(Excel:17KB)
   ○標準作業速度基準及び圃場効率(PDF:78KB)
   ○農業機械の利用計画書(Excel:11KB)
   ○コスト削減の内訳(Excel:32KB)
   ○見積依頼書(Word:16KB)
   ○トラクター仕様書(例)(Word:38KB)
   ○コンバイン仕様書(例)(Word:35KB)
   ○譲渡証明書(Word:18KB)
   ○事業確認調書(リース事業の場合)(Word:45KB)
   ○事業確認調書(リース事業以外の場合)(Word:38KB)


 < 問い合わせ >
      各地域農業再生協議会(茨城県農業再生協議会ホームページ)
      茨城県農業再生協議会  電話:029−301−3921(茨城県農林水産部産地振興課)


  
 このページの先頭へ